DMM GAMES 遊び放題の980円プランとは

いつの間にか980円プランが追加されていました。2,980円プランと何が違うんでしょうね。見ていきましょう。

980円プラン=一般ゲーム限定プラン

Q 一般とR18、どちらのゲームも遊びたい場合、追加料金は必要ですか?

A どちらのゲームも遊びたい場合は、2,980円プランをご利用ください。

DMM GAMES 遊び放題 - DMM.com よくある質問

だそうです。DMM GAMES 遊び放題って実は「エロゲ遊び放題サービス」ではなく「対象ゲーム遊び放題サービス」だったんですよね。その中でエロゲをやりたいなら追加で2,000円払えってことのようです。

対象タイトルのジャンルが広い

私が見た時点で289タイトルが対象でした。こちらも2,980円プランと同じく毎週追加する予定だそうで。

980円プランの対象はギャルゲばかりではありません。ギャルゲもありますが、シューティング、戦略、テーブルゲーム、アクション、乙女ゲー、その他色々あります。本当に色々。

ジャンルが広いということは、裏を返せば各ジャンルの本数は少ないです。エロゲだけで800以上の対象タイトルを抱える2,980円プランとはちょっと空気が違いますね。「色々なシューティングゲームを楽しみたい」みたいな人には向かないかもしれません。

この限定プランの意味を考える

980円プランはエロゲが対象から外れる代わりに安い、というのが特徴です。多分2,980円プランの体験版みたいなものなのでしょう。

というのも、980円プランの対象タイトルにはギャルゲが含まれます。ただゲームをしたいだけの人には、お金を出してまでギャルゲをやりたいというガッツはありません。ギャルゲって買うのにすごい抵抗があるものなんですよ。レジに持って行くのも何か嫌。

しかし遊び放題サービスの対象であれば、他の作品のついでで、気まぐれでギャルゲをプレイできます。レジも通しません。1人でパソコンでポチポチするだけでギャルゲをプレイできます。

そうして一般人にギャルゲオタクの種を植え付けて、しばらく980円プランを続けさせます。徐々に二次元美少女への抵抗が薄れていき、エロゲにも興味を持つようになります。ギャルゲってほら、エロゲの機能制限版みたいなものですから、ギャルゲを楽しめれば制限解除版のエロゲにも自然と興味が出てきますよね。そこで2,980円プランです。2000円追加すれば何とエロゲも遊び放題ですよ!

月3,000円は、社会人になると大したことなくなります。しかしまともな収入源のない中高生にとっては割とキツい。小遣いの月額とほぼ同額だったりしますし、そもそも中高生はエロゲできません。

そこで、中高生でも割と何とかなる月1,000円の一般ゲーム遊び放題プランというわけです。中高生のうちにエロゲオタクになるための英才教育を開始して、収入が安定してきた頃に高額サービスへの移行を考えさせる。そういう客の教育・育成まで考えられたサービスなんだと思います。

対象タイトルのジャンルが広い理由

2,980円プランがエロゲ一色でしたが980円プランはジャンルが多岐に渡ります。これも「2,980円プランの体験版だから」と考えられます。

980円プランがギャルゲ一色だと、ギャルゲオタクしか利用しません。これでは人数が限られますし意味も薄いです。ギャルゲオタクなんて既にエロゲオタクになる運命が決まっているようなものなので、今更サポートしても仕方ありません。

けどシューティングゲームをやりたい人々はエロゲオタクになるかわかりません。というか多分なりません。そういう人々にギャルゲに触れてもらい、エロゲに興味を持ってもらう。それが980円プランの目的なんです多分。

今後の980円プラン対象タイトル

さて、毎週追加されるそうですが、今後どういう作品が追加されるのでしょう。私は内部の人間ではありませんし未来予知の特殊能力もありませんけど、考えてみましょう。

とりあえず「やりこみ要素が少ない」でしょう。何百時間も遊べてしまう作品は月額課金の遊び放題サービスとは相性が悪いです。「じゃあ買った方が安いじゃねぇか」となったら退会されちゃうので。そもそもギャルゲをやってもらいたいんですから、対象タイトル一覧画面を見る回数は多い方がよく、そのためには飽きてもらう必要があります。

そういう意味では対人対戦モードのある作品も相性が悪いです。プログラム通りに動くCPU対戦はいずれ飽きますが、毎回変化・成長する人間との対戦は飽きません。格闘ゲームなんかもう全然ダメです。

2,980円プランはほぼエロゲ遊び放題サービスだったわけですが、エロゲは「飽きやすいゲーム」です。一度全クリしちゃうと目新しい要素がなくなるので、2周目をやろうという気は起きません。だから遊び放題サービスとの相性が抜群によかったんですね。

しかし980円プランはその目的上ギャルゲ一色にするわけにもいきません。それで仕方なく追加するならまぁ「飽きやすいゲーム」にするんじゃなかろうかと。

まとめ

「980円プランは若者、ライトゲーマーをギャルゲオタク経由でエロゲオタクに育て上げて2,980円プランに入会させるための体験版」という話でした。

「そうだったら面白いね」という、いつもの妄想ですけども。