「身動ぎ」が読めなかったエロゲオタクの事故報告書

「身動ぎ」って読めますか。私は読めませんでした。「身動き」の誤字かと思いました。けどあなたは多分読み方がわかるかわからないかのどちらかだったのではないでしょうか。

私が「身動き」の誤字かと思った経緯を考えたら面白かったので記事にします。

エロゲは誤字脱字が当たり前

「身動ぎ」に遭遇したのは「お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!」という、もうタイトルから「あ、これバカゲーだわ」みたいな雰囲気が溢れた作品のHシーンでした。

祐人「かえでが身動ぎして、擦れたから反応しちゃったよ」

このテキストを見た私は「かえでが身動」まで読んで「みうご…ぎ…?」となりました。濁点がある。おかしい。直後の「して」まで読めば「身動きしてっておかしいな。何か別の読み方があるのかな」と考えられたかもしれません。「身動き」は「できない」「が取れない」が続くものなので。けど今回は「身動ぎ」で止まっちゃったのでダメでした。

ここから私は誤字と決めつけて思考を開始します。当時のツイートがこちら。

完全に決めつけてますね。ローマ字入力でmiugokiをmiugogiに間違えられるのか、かな入力なら可能なのか、間違えたとして「身動ぎ」に一発で変換できるのか。多分変換できずに「未羽語義」とかそんな変換になっちゃうだろうに違和感はなかったのか―などと考えていました。

それで結局「身動き」を「身動ぎ」に間違える方法がわからず「おかしな誤字だなぁ」と思いながら、このまま考え続けても仕方ないと諦めてプレイを続行しました。これで終わっていたら物語はここで終わり記事にもならなかったのですが、親切な方から読み方を教えて頂きました。

この一連のやりとりで私はめでたく「身動ぎ」を読めるエロゲオタクに進化したわけですがそれはさておき「エロゲは誤字脱字を頻繁に見かけますので」がポイントです。

そうです。誤字脱字のないエロゲは存在しないと言っても過言ではないくらい、エロゲには誤字脱字があります。限られた予算、人材、時間の中で誤字脱字を完全に潰すことは不可能なので、まぁ仕方ない。そういう頭があったので「身動ぎ」に遭遇した私はすぐに「誤字に違いない」と決めつけてしまいました。

エロゲは漢字テストではない

冒頭で私はあなたを「読み方がわかるかわからないかのどちらか」と推測しました。「身動きの誤字」とは思わなかっただろう、と。こう考えた理由は「この記事は漢字テストだから」です。

漢字テストであれば、出題された問題は正しいはずで、何かしら読み方があるはずだと考えられます。あなたは漢字テストモードで記事を読み始めたはずです。

しかし今回私がやらかしたのは「エロゲのHシーン」でした。誤字脱字が当たり前にあるエロゲの、その中で最もプレイヤーの頭が悪くなっているHシーンだったことが今回の事故の一因だったように思います。

エロゲのHシーンは基本的にストーリー上重要ではなく、プレイヤーは「興奮していて頭が悪くなっている」か「スキップする気満々で頭が悪くなっている」ため、どちらにしろ頭が悪くなっています。

このため「何か特別な読み方があるのでは」という柔軟な思考ができない可能性が大きいです。私はできず、やらかしました。

不幸に不幸が重なり、幸運に幸運が重なったお話

不幸が重なって事故発生

この事故は色々な不幸が重なって発生したものです。ヒューマンエラー対策の分野ではこれをエラーチェーンなどと言います。「事故が発生した原因のうちいずれかがなければ、事故は発生しなかったかもしれない」という考え方です。

  • ライターが「身動ぎ」を漢字で書いた(身じろぎ、みじろぎではなかった)
  • 私の漢字読解力が低かった
  • 「エロゲに誤字脱字は当たり前」だった
  • 「みうごぎ」の衝撃が強すぎてそこで読むのを止めた
  • Hシーンの中で遭遇した
  • 私が当時頭の死んだ状態でプレイしていた

など、どれか一つでも欠けていたら今回の事故は発生しなかったですね多分。

幸運が重なって被害軽減

一方で被害を最小限に抑えられたのは不幸中の幸い。幸運に幸運が重なりました。

  • 私がTwitterをやっていて、実況的にツイートしていた
  • 20人弱のフォロワーの中に「身動ぎ」を読める人がいた
  • その人がたまたま私のツイートを見て返信する気になった
  • 私がこのHシーンでオナニーをしていなかった

これはものすごい幸運で、もし私がTwitterをやっていなかったりツイートしなかったりしたら、誤字と決めつけたまま話が終わっていました。返信を頂けなくても、同じく決めつけたままだったでしょう。

「ちょっとした気持ち悪さを残して先に進む」という被害を「一度引っかかったけど、教えてもらってすっきりした」まで軽減できたのは本当に幸運です。

また私がオナニーの最中だったら大惨事でした。「興奮して気分が乗ってきたところで誤字に気付いて水を差された」ってそれHシーンで一番あってはならない事態です。エロゲですから。「使いづらいHシーン」になってしまいます。

一人で黙々とプレイしている状況で、このHシーンが好みに刺さってオナニーしている最中だったらと思うと怖いですね。工場で装置に巻き込まれそうになったとか運転中もう少しでぶつかるところだったとかそういう規模の話ではないですけど。

この事故を防ぐには

エラーチェーンの考え方で行けば原因のうち一つでも潰せば事故は防げます。それなら私としては「ライターは難しい漢字を使うな」が一番楽なのでそれがいいです。しかしそうは言っても難しい漢字を使うライターは滅びませんし、私が元気にエロゲをやっていられるうちは現状と大して変わらないでしょう。

なので「今回の事故の経験が、次回同じような状況に陥った際に役立って事故を防げたらいいな。まぁ気が向いたら漢字の勉強でもするか」辺りを落としどころとして、この話を終わりにしようと思います。

もしこの記事をここまで読んだ奇特なライターさんがいらっしゃいましたら、どうかHシーンでのプレイヤーの頭の悪さに配慮して、難しい漢字を使わないでいただけると助かります。プレイヤーは漢字を読みたいわけではなく、エロ可愛いヒロインと楽しい一時を過ごしたいだけですので、どうかよろしくお願い致します。