「お兄ちゃん、教えて……」感想

DMM GAMES 遊び放題」対象タイトルから目に付いたのをやっていきましょう。今回は「お兄ちゃん、教えて……」。

かわいい妹とのHシーンの繰り返し

抜きゲーはこうあるべきみたいな理想的な構成でした。「Hシーン→日常パート(数クリック)→Hシーン→…」の繰り返しで、1カ所だけ選択肢があり、それでルートが分岐します。まぁどちらのルートも結局「Hシーン→日常パート(数クリック)→Hシーン→…」の繰り返しですけど。

前作と比べると、ヒロインが「ただのエロかわいい妹ヒロイン」なので、あまり魅力を感じませんでした。いえ、かわいいんですけど、それだけでした。低価格抜きゲーのヒロインに何求めてるんだと言われたらごめんなさいですけど。

「ちょっと気になる」が多い

姫肉門って何それ

本作にはときどき「何を言いたいのか何となくわかるけど、見慣れない単語」が出てきます。「姫肉門」とか「女花肉」とか。見たことありますかこんなの。そういえば前作でもちらほら見掛けた気がしますが、Hシーンがメインの今作ではより気になりました。

言葉は相手に情報を伝えるための道具です。伝えたい情報が相手にスムーズに伝わるのが一番。「チ○コ」や「マ○コ」などのストレートな言葉が最強です。「姫肉門」と違い「ん?何だこれ…あぁアレのことかな?」ってなりませんから。

「言葉をたくさん知っていること」はいいことでも、「相手が知らない言葉」を使ってしまうのはダメです。本作のライターさんには「自分が知っている言葉の中から相手がスムーズに理解できる言葉を選んで使う」という配慮が欠けてきたように思います。致命的というほどではないんですが、水を差されてイマイチ没頭できませんでした。

ホットヨーグルトって何それ

「妹が主人公にヨーグルトを食べさせる」というシーンがあるんですが、CGではヨーグルトから湯気が上がっています。ヨーグルトが温かい…?

ググってみるとヨーグルトを温める食べ方もあるんだそうですが、それでもブロッコリーのようなものとニンジンのようなものを入れる食べ方は見つかりませんでした。これシチューじゃない?

私が知らないだけなら申し訳ないんですが、多分ヨーグルトは冷やして食べるのが一般的です。そのヨーグルトから湯気が上がっているのはものすごい違和感がありました。

CGの完成品が上がってきたときに「あれ、これヨーグルトって指定したよね?何でシチューなの?」となったなら、テキスト側をシチューに変更すればそれで済んだと思います。それをヨーグルトで突き進んだ理由、これがわからない…。

ホットヨーグルトの衝撃が強すぎてしばらく話が頭に入ってきませんでした。

総評

今作も前作と同様に数時間規模の小さめの作品です。Hシーンが占める割合が高く、ヒロインもエロかわいいんですが、言ってしまえばそれだけです。前作で期待して今作に来ると、「うん、まぁエロかわいかったよね」で終わってしまうと思います。

そういうわけで、特にオススメはしません。