「オークの野望:全国版」感想

オークが女性をレイプしまくって大陸を侵略していく作業ゲー「オークの野望:全国版」の感想です。

ヒロインの質は運で決まります

本作のヒロインは全て自動生成です。Sailor Fuku Game Makeoverの3Dエロゲ版。Sailor Fuku Game Makeoverのランダム機能を使ってみればわかるように、想像を超えた素晴らしい美少女が出てくることがあれば、まぁ化け物みたいなのも出てきますね。

そういうわけで本作もめちゃくちゃエロかわいい美少女が出てきたり化け物が出てきたりします。いやーこれレイプするのキツいっすみたいなの、割とあります。いくらでもチェンジ可能なので流していきましょう。

まぁ捕獲できる数に上限があって、進むにつれてどんどん性能のいいヒロインが出てくるのでめちゃくちゃエロかわいい美少女を厳選してもすぐに捨てることになるんですけど。世知辛い。

ゲーム全体が作業ゲー

ゲームが始まったらまずは戦力を増やすために野良レイプします。マップ上に時間経過でぽこぽこ現れる野良レイプアイコンをクリックして、その辺の女の子を適当にレイプして戦力を微増させます。

そのうちCG付きのヒロインが出てくるので、必要な戦力を稼いだら捕獲します。戦力さえ足りていれば100%捕獲に成功します。

捕獲したら調教して、後は捨てるまで自動で繁殖・出産を繰り返します。時間あたりの出産できる戦力はLvなどによって変わりますが、Lvは上がらないので、よりLvの高いヒロインをどんどん捕獲して入れ替えていきます。

そのうちボスヒロインが出てくるので、捕獲します。捕獲したら次のステージが開放されます。後はこれの繰り返し。戦闘シーンとかありません。ヒロインとの特殊な会話もありません。ずーっと作業です。必要数戦力を貯めて捕獲するだけ。

調教の作業感が酷い

捕獲したヒロインは最初反抗的で理性も残っており、オーク軍にあまり貢献しません。そういうわけで調教するんですが、この調教がとても作業です。

何の工夫もなく焼印を3回押しつけて興奮剤3本飲ませれば理想的な状態になります。多分どんなヒロインでもこのパターンが通じてしまいます。挿入とか射精とかはありません。非効率的なので不要です。それエロゲとしてどうなんですか。

ここで使用する興奮剤が面倒くさくて、興奮剤を持ってからヒロイン上でマウスの左ボタンを押し下げて、飲み干して効果が出るまでそのまま待つ必要があります。途中で左ボタンを放すとリセットされて効果が出ません。「よし、飲み干したな」で放してリセットされたプレイヤー、多分私だけじゃないですよね…。

戦力とは


メンタバサちゃんの出産シーンです。戦力+528だそうで。ヒロインの下のゲージが貯まるとこのように戦力が増え、ゲージがリセットされます。ゲージは時間経過で増えていきます。大体ゲーム内時間で1日しないで貯まります。

戦力1をオーク1体と考えると恐ろしいですね。1日は24時間、分換算で1440分しかありません。500体のオークを出産するには大雑把に3分1体ペースで休むことなく出産する必要があります。当然種付け作業も必要なはずで…?

あ、そうそう。メンタバサちゃんはLv69ですが、80を超えたヒロインでは1回あたり軽く1000以上の戦力が増えます。ホントどういうことだよ。

多分戦力528の強いオークを1体産む感じなのでしょう。それでも1日前後で1体出産というのはヒロインが人間なのかを疑うのに十分なペースですけど。謎です。深く考えるものでもないのでしょうけど。

総評

オススメはできません。素晴らしいヒロインと出会えるかどうかが完全に運で、作業ゲーで、ストーリーもあってないようなものなので。

オークものが好きだとか、二昔くらい前に流行ったCookie Clickerが好きだとか、そういう方であれば楽しめるかもしれません。