「おしおき生意気ギャル」感想

DMM GAMES 遊び放題」対象タイトルから目に付いたのをやっていきましょう。今回は「おしおき生意気ギャル」。

ハッピーエンドになるレイプゲー

用務員のおっさんの主人公にヒロインがウザ絡みしてきて、我慢も限界を迎えた主人公がぶち切れて、薬を盛って眠らせてレイプ! いやぁレイプゲーって感じですね。

「ここから主人公がどんどん悪の道を突き進んでいくやつかな?」と思ったら違いました。主人公はヒロインをレイプしようと決めた際、事後に捕まることを覚悟します。また妊娠させることではなくお仕置きが目的であり、あらかじめアフターピルを用意しており、事後にヒロインに渡します。レイプ犯はレイプ犯なんですが、珍しいタイプです。

レイプの後、主人公は捕まることを覚悟してしばらく過ごすんですが、一向に通報・逮捕されません。それで「あれーおかしいなぁ」と思っていたら、ヒロインから「またセックスしてほしい」と迫られます。レイプから生まれる恋愛もあるんですね。(?)

そこからはただれた生活が続き、そのままハッピーエンドになります。主人公が破滅するようなエンドはありません。

エロゲ主人公に対する懲悪なんて、儲けにも治安向上にも繋がらないので、やらない方がいいんですよね。プレイヤー側が萎縮してしまうだけです。

おし…おき…? 生意…気…?

本作は抜きゲーですが、タイトルのようなおしおき要素はほとんどありません。最初のレイプ以外はただいちゃいちゃ幸せな恋人生活を送るだけです。最初ツンツンしていたヒロインもすぐに丸くなります。生意気要素もおしおき要素と一緒にすぐに失踪します。

ヒロインはかわいらしくエロいんですが「おしおき生意気ギャル」から「おしおき」と「生意気」が消えて「ギャル」しか残らないのが面白すぎます。まぁエロかわいけりゃどうでもいいかってことで流していきましょう。

総評

平和なレイプゲー…とでも言いますか、そんな感じです。特に暗い気持ちになることはないでしょう。数時間規模の短い作品で、特に地雷要素もなかったので、気軽にやってみて、エロかわいいヒロインとのいちゃいちゃ恋人生活をお楽しみください。