pixivの「便利なサービスになるのに時間が掛かりすぎる」問題

エロゲの原画さんの作品を追うのにpixivを利用しています。Twitterやホームページを見る手間を掛けずに作品をチェックできるってやっぱりpixivは便利なサービスですね。

ただしpixivには「便利なサービス」になるのに時間が掛かるという問題があります。

pixivが便利なのは作品チェックが楽になるから

pixivは利用者の立場によって使い方が二通りあります。「作品を見てもらう」と「作品を見る」です。

作品を見てもらう投稿者

この人たちは作品を投稿するだけでほぼ全自動で作品を見てもらえるようになるので、pixivは大変便利です。彼らにとっては。

投稿後は「コメントは付いただろうか、ランキングに入っただろうか」などと作品のその後を気にしてpixivに頻繁にアクセスすることになります。結果として、他の素敵な投稿者の作品に出会うチャンスが多く、近い将来フォローが数百人まで自然に増えます。

フォローが数百人になると、毎日フォロー新着作品が流れてきます。これはそのまま「手間を掛けずに作品をチェックできる」というpixivの魅力に繋がるので、投稿者にとってpixivは「見てもらう」だけでなく「見る」でも便利なサービスです。

作品を見る視聴者

こっちが問題です。彼らには最初「pixivに頻繁にアクセスする動機」がありません。作品を投稿しない彼らにとって、pixivはフォローが作品を投稿しない限り変化しないサービスですから。

元々好きなイラストレーターを何十何百人も抱えているなら、それをpixivで探し出せばpixivは便利なサービスになります。しかしそこまでの人数を抱えていない場合、pixivは「そんなに更新のない、大して便利でもないサービス」でしかありません。

更新頻度の低いサービスなんてそんなにアクセスしません。アクセス頻度が低ければ素敵な投稿者の作品に出会うチャンスも少なくなり、フォローが数百人に達するのは遠い未来の話になります。それまでpixivは便利なサービスになれません。

便利でもないサービスは短期間で使わなくなります。そうすると便利なサービスのない「イラストを見る」趣味は面倒くさいモノであり続け、そんなもん続けられず、そこまでイラストを見ることに情熱を持っていない人々に定着しません。それで「イラストを見る」は素質のある人だけが楽しめる狭い趣味になっちゃっています。

好きなイラストレーターを大量に抱えている異常事態

pixivが登場する以前「好きなイラストレーターを大量に抱えている人」というのは割といました。pixivのような作品を集めるサービスがなかったので。「イラストを見る」は今より遙かに面倒くさい趣味で、一部のオタクしか続けられませんでした。

そういう少数精鋭にpixivは神懸かった便利サービスとして受け入れられ話題になり、それでここまで成長したわけですが。それも頭打ちになりました。「イラストを見る」は以前よりマシになっただけで、相変わらず面倒くさい趣味なので。

現代においては、生まれた頃からpixivが存在します。pixivが存在しなかった時代と違い「好きなイラストレーターを何十何百人も抱える」前にpixivの存在を知ってしまいます。そして10人程度のイラストレーターをフォローしたpixivを利用して「大して便利でもないサービス」という印象を持ち「イラストを見る」趣味から早々に引退してしまいます。

現代では「好きなイラストレーターを大量に抱えて困っている人」が発生しないんですね。このためpixivを熱烈に支持する若者がいません。そんなに熱烈に支持していないので、話題にしません。話題にならないので、若者の間で広がりもしません。pixivを支持してるのは2,30代以降の年寄り連中だけ。pixivでも利用者の高齢化問題みたいなのが発生しているのかもしれません。

pixivの高齢化対策

「入会から短期間でフォローを稼がないと利用をやめてしまう」という問題、多分pixivも死活問題として認識していて、それっぽい対策がいくつか行われています。

たとえばフォローすると「おすすめユーザー」として似た傾向の(それとも単に人気の?)投稿者を紹介して、もう一人フォローしてもらおうとしていますね。

またsenseiという講座サービスで投稿者を上達させることで投稿ペースを上げさせて「フォローが少ないと更新頻度が低くなる」問題を解消しようともしています。

機能しているかどうかは知りませんけど。

まとめ

作品投稿サービスには「投稿者」と「視聴者」がいて、まぁ「投稿者」はどうでもいいとして「視聴者」は早めにフォローを稼がないと不味い。そういう話でした。多分pixiv以外の作品投稿サービスも似たような感じだと思います。

私はたまたま「エロゲ原画さんの他の絵も見たい」という情熱があったからpixivの利用を続けられました。けどそこまで強い情熱がなければフォローが十分に増える前にやめていたんじゃなかろうか、とふと気付きまして。そこから考えたらこうなりました。

皆様にとってpixivって便利ですか。

「じゃあとにかくまずフォローを増やせばいいだろ」という記事です。→絵を描かない人のためのpixivの楽しみ方