「ランス10」感想

DMM GAMES 遊び放題」でランスシリーズをやってきて、最終作も気になったので買いました。今回はそのランス10の感想です。

ランス10を切り上げたときの話

本作は大作です。2部構成で、第1部にエンディングが14種類あります。14周するわけではありませんがそれなりに周回が必要です。第2部はほぼ1本道で主人公の性別を選べるので2周。総プレイ時間は軽く100時間、200時間を超えます。

CGの数は多くありませんが、登場キャラクターが多く、その多くに小話が用意されています。そのどれもが心地の良い小話に仕上がっていて、無限に読み続けられる気がしてくる高品質です。

さて、第1部・第2部を完走して、小話がどのくらい残っているか数えてみたらまだ3桁ありました。ここでふと考えました。どこまでやろうかと。追加50時間100時間で小話を一通り読もうかどうしようか。

完走したので、小話が残るだけでストーリーは粗方終わっています。CGも一通り埋まっています。実績もいつのまにかほとんど埋まっていました。ラーメンで言えばスープに沈んでいる短い麺を発掘しているあの状態です。麺の残りは0ではないけど、もうそんなにない。続けたら近い将来0になる。そういう状態。

今終わりにすれば、ランスシリーズはここで終わりです。でも小話を一通り読んでも、そこで終わりです。どちらにしろ近い将来終わります。そういうわけで、私はここでランス10を切り上げました。

辞め時を決めるのが難しい作品でした。ランスの世界観が心地よすぎてずっと浸っていたいけど、終わりはいずれ訪れるもので。プレイした皆様は悩みませんでしたか。というかどこまでやりましたか。

第2部がとても微妙でした

2部構成のうち第1部はおなじみのランスが大活躍する話です。しかし「戦争の祝勝会でシィルを殺されてランスが魔王になる」という何とも言えない終わり方をします。これが第2部に繋がるわけですね。

第2部ではランスの子供たちが魔王ランスを倒すか救うかするぞ!と旅に出る話です。何だかんだあって魔王ランスから魔王成分を取り除いて、魔王システムも破壊してハッピーエンドを迎えます。

なので第2部もたしかにランスシリーズではあるんですが、とても微妙です。主人公はランスの子供の中の1人で、仲間も大半がランスの子供です。つまりこれまでシリーズを通して馴染んできたキャラクターではありません。その子供たちです。そのせいでイマイチこう…これまでの積み重ねがなく、のめり込めませんでした。今更新キャラクターを理解しても、第2部でランスシリーズ完結ですしね。

そしてランスの子供だからといって、皆さんランスほどぶっ飛んでいるわけではなく、割と常識人です。うーん。ランスのあのぶっとんだ性格に惚れてたんだよな…と、失ってから大切さに気付くってやつですね。

それに加えてゲーム性が第1部からがらっと変わっていて、調整されたゲームを制作陣が意図したとおりに淡々と進める感じがあって、盛り上がりに欠けました。この第2部のために第1部をあの終わり方にするくらいなら「第1部の最後でランスに魔王システムを破壊させて大団円」ではダメだったのかな、と。

第2部を終えてから第1部に戻ったらめちゃくちゃ楽しくて泣きそうになりました。第1部はホント楽しいです。第2部にいいところが全くなかったわけではないですが、第1部の後、ランスシリーズの最後としては大変微妙だったので、うーん…。

戦闘システムが更に簡単に

ランス03では攻撃対象選択を省くために丁字戦形式を採用するという荒技を見せてくれましたが、本作もその流れを引き継いでいます。

ランス01では敵は常に1体でした。これなら攻撃対象選択は不要です。しかし実際の戦闘を考えると、1VS1の戦闘ばかりとは限りません。特にランス10は戦場での戦闘が多く、多数VS多数がないのは不自然です。

けど多数VS多数だからと言って通常のRPGみたいな戦闘システムにしては攻撃対象選択が発生してしまいますし、ランス03のように丁字戦形式を採用するには今作の「戦場」は不自然です。乱戦であんなにお行儀よく並んで待ってくれるわけがありません。

そういうワケで、体力を「部隊の体力」としてまとめました。部隊の体力が0になるまでは全員生きていて、0になると全員死にます。部隊の人数は1~数千。タイマンから戦場での乱戦まで、様々な戦闘に対応できます。

この戦闘システムのおかげで攻撃対象という概念が全くなくなり、スキルを選ぶだけで攻撃・回復でき、個別の体力管理も不要で、快適に戦闘できました。とてもいい戦闘システムでした。

総評

第2部をあまり楽しめなかったのでアレですが、第2部を除くとほとんど悪い点がなく、非常に面白い作品でした。第1部は本当に楽しい面白い。

DMM GAMES 遊び放題で順番にやってきて9まで終わったら、9まで続けられたということはランスシリーズに馴染んでいるということなので、10もやりましょう。

終わりは…いつがいいんでしょうね。終わり方を考え始めたら終わり、辺りがちょうどいいような気がします。

ランスシリーズ感想記事

「ランス01」感想
「ランス03」感想
「ランス5D」感想
「ランス6」感想
「戦国ランス」感想
「ランス・クエスト マグナム 統合版」感想
「ランス9」感想
「ランス10」感想