「好みなんてどうでもいい」がよくわかる美少女ランダム生成実験

Sailor Fuku Game Makeoverは非常に完成度の高い着せ替えゲームです。いとも簡単に美少女を生成できます。好みに100%合致する美少女を作ってみましょう。

さて、出来上がったところで「好みなんてどうでもいい」とわかる実験を始めます。

美少女ランダム生成実験

これは自分でパーツを選んで生成した美少女です。

大変かわいい。次に左下のランダムボタンを押してみましょう。

全パーツがランダムに選び直されます。運が悪いと化け物みたいなのが生成されます。ランダムなので。

このボタンをしばらく連打してみてください。ときどき先程自分で生成したのとは全く異なる、しかし大変かわいい美少女が生成されます。運が良ければ。

できました。髪型も肌の色も服装も表情も全然違いますが、こちらも大変かわいい。面白いですね。

この実験からわかること

「好み」が「多数ある正解の中の1つ」でしかないということがわかります。最初の美少女は自分でパーツを選んで生成しました。そりゃ好みに100%合致するでしょう。けどそうしていない、全てをランダムに任せた二人目の美少女もまた大変かわいかった。

この知見は人生の様々な場面で役立ちます。特に仕事を依頼するとき、されたとき。

依頼するとき

そんなに詳細まで定義しなくてもいいですね。出来上がったものを「これでもいいか」と受け入れられれば、注文の際に事細かに決める必要がなく楽です。

そして丸投げすれば「想定していたよりもいいもの」が出来上がる可能性が発生します。全部決めちゃったら「好みに合致しただけのもの」にしかなりません。

依頼されたとき

詳細に詰めても「好みに合致しただけのもの」にしかなりません。注文通りのものを納品するだけなので、客も「まぁそうなるよね」としかならず感動せず、あなたに惚れません。

「かわいい美少女を作ってくれ」に対して「かわいい美少女を作れない」はそりゃダメなんですが「髪の色も表情もポーズも全部決めてもらって、その通りに作る」も不味いです。「いい感じにかわいい美少女作るからちょっと待っててね」にしないと好みに振り回されて忙殺されます。

客はかわいい美少女を作れないんです。だからあなたに頼むんです。そんな客の言う通りにしても精々「まぁ美少女の範疇だけど、イマイチかわいくない美少女」にしかなりません。

一方仕事を依頼された側は「かわいい美少女を作る専門家」ですから、技術も知識も経験も上です。なので丸投げしてもらった方がいいものが出来上がります。

まとめ

  • 「好み」は「多数ある正解の中の1つ」でしかないのでそんなに尊重しなくていい
  • 依頼する/されるときは「好み」の扱いに注意しましょう

「好み」は「いい思いをしたいけど新しいものを試すガッツがないとき」に使う道具です。数ある手段の中の1つでしかないです。適当に扱っていきましょう。