「ワールド・エレクション」感想

DMM GAMES 遊び放題」対象タイトルから目に付いたのをやっていきましょう。今回は「ワールド・エレクション」。

割と本格的な選挙モノ

「エレクション」は「選挙」のことなんだそうで。そういうワケで本作は生徒会長選挙を題材にした学園モノです。じゃあ「エレクション」だけでいいじゃんって話なんですが、色々な人種…というか人外の皆さんと共生している世界観なので「ワールド」って感じです。タイトルに偽りなし。

本作の選挙はかなりそれっぽいです。候補の主張が「愛は世界を救う」「力こそ全て」「自然を大事に」「現状維持」とかそんな感じなのがすごくそれっぽい。その中で「愛」「自然」がそんなに票数を得られないところなんてまるで現実を見ているよう。妨害や賄賂や支持表明など、様々なそれっぽい要素が飛び交って、選挙っぽさを楽しめました。

肝心のヒロインもしっかりかわいい

「割と本格的な選挙モノ」ですが、選挙に傾倒しているわけではなく、ヒロインもしっかりかわいらしく描かれています。特に「どう考えても頭のネジが飛んでいてやべぇヤツ」なソフィアが徐々に丸くなっていく描写は大変よかった。

メインヒロインルートでは「こいつ殺してぇ…」ってなるサブヒロインもいるんですが、そのサブヒロインのルートが楽しくて、何だかんだ許せちゃってました。全クリしたとき、特に印象の悪いヒロインはいないんじゃないでしょうか。

本作は大作です

えー、本作はしっかり長いです。べらぼうにってワケじゃないんですが、ルートごとに「よっしゃ頑張るぞい」という覚悟が必要になる長さです。

エロゲは基本的に付き合いが短いため、世界観に慣れてきた頃にエンディングを迎えることがよくあります。これでは学習コストの割に合わず、「せっかくわかってきたんだから、もっとこの世界観で楽しませてよ…」となるんですね。その点この作品はちょっと辛いくらい長いので大丈夫です。ご安心ください。

大作の対策

さて、しっかり長いため、休みなく走り続けるのはキツいです。そこでこの作品は「サブヒロインルートはバカゲーみたいな軽さ」という作りになっています。

メインヒロインルートをクリアすると、ルートヒロインに関連するサブヒロインのミニルートが解放されます。そしてミニルートはほとんどが軽いノリなので、「食後のデザート」のように機能して読後感を「面白かったけど疲れた」から「楽しかった」にすり替えます。

「終わりよければ全てよし」という言葉があるように、ミニルートまでやってその日のプレイを終えると、ちょうどいい感じになります。また次回、疲れが取れて時間が出来たら次のメインヒロインルートをやりましょう。

ミニルートへの誘導が上手い

今作には「シーンジャンプ」機能が用意されており、一度読んだシーンに一発で飛べます。そしてメインヒロインルート終了時の解放アナウンスでは「シーンジャンプ機能を使えば簡単にミニルートに入れます」という説明が付いています。よくわかっている設計ですね。

というのも、プレイヤーはミニルートの存在を知りません。サブヒロインを攻略できるかがわからない状態です。この不安をアナウンスで払拭して、シーンジャンプ機能の説明で何も考えずにミニルートに到達できる設計というわけです。

多くのプレイヤーは疲れて思考停止状態になっていたこともあり、無意識のままメインヒロインルートからミニルートに流れるように進んだのではないでしょうか。ミニルートにさえ入ってくれれば読後感を「楽しかった」にできます。完璧な流れですね。

コンフィグ画面が酷い

ここまで「貶すところが見当たらない」みたいなノリで進めてきましたが、一点だけ酷い部分があります。コンフィグ画面が酷い。

今作は設定項目がものすごい数あります。最初コンフィグ画面を開いたときにそれだけで心が折れそうになりました。画面によって数はばらつきますが、1画面目には20項目程度あり「まだ他に5画面もある」という事実を知ったときの絶望感はホントすごかったです。

たとえば「次ページボイスアイコン表示」(次の文章がボイス有りの場合にアイコンを表示して警告する機能)は常時オンで困る人なんていないじゃないですか。こういう「そこまで俺らが選ばなきゃダメなの?」みたいな設定項目も多く、徒労感がすごかったです。

本編は素晴らしいので、ここで投げなくてよかったです。DMM GAMES 遊び放題でやると、少しでも気に入らないところがあるだけで「じゃあいいや、他やろ」になっちゃうところがあるんですよね。投げなかった自分、えらい。

総評

そういうワケで、コンフィグ画面さえ乗り切れば後は素晴らしいです。目に付いたならとりあえずインストールしましょう。そして最適設定にしようなんて考えず、そこそこ快適そうな設定にしたらさっさと本編に乗り込みましょう。

本編の進め方は「メインヒロインルート + サブヒロインミニルート」で1セットです。メインヒロインルートを続けてやると疲れる上に、ミニルートばかり残ってしまいます。すると最後にまとめて片付けることになり、「スイーツ食べ放題」みたいなずっしり重いものになってしまうのでオススメしません。