「ぜったい最胸☆おっぱい戦争!!~巨乳王国vs貧乳王国~」感想

普段DMM GAMES 遊び放題ばかりやってますが、たまにはそれ以外のエロゲもやります。

ってことで今回は「ぜったい最胸☆おっぱい戦争!!~巨乳王国vs貧乳王国~」です。タイトルを見るからに何も考えなくてよさそうな感じですね。素晴らしい。

しっかり作られたバカゲーで、抜きゲー

見るからにバカゲーですね。最後までやりましたが良いバカゲーでした。そしてしっかり抜きゲーにもなってました。

巨乳がどうとか貧乳がどうとか。開始直後の世界観説明からそういう話が始まるので、深刻になりようがありません。地名その他固有名詞のあちこちに胸に関する言葉が使われていたりもして、「あぁもうバカやってて好き」ってなりました。

それでいてしっかりと抜きゲーでもありました。Hシーンにそれほどぶっ飛んだシチュエーションはなく、堅実に作られている印象。全て「主人公とヒロイン」の組み合わせで「主人公以外とヒロイン」や「ヒロイン同士」のような組み合わせはありません。ファンタジーの世界ですが「ヒロインがモンスターに襲われる」みたいなのもないです。特殊な道具を用いたシチュエーションもなく、無難を徹底しているように見えました。

特殊なシチュエーションって一部の変態以外はドン引きしますしね。「おっぱい」というクソ強い要素を前面に出した作品なので、難しいことを考えずに正攻法でぶん殴るのが一番強いし文句も出ない。そういうことなんだと思います。

シナリオも正攻法

ヒロインルートのエンディングがほとんど全て「ルートヒロインと結婚して幸せな家庭を築きました」です。気持ちよくハッピーエンドを迎えておしまいなので読後感がいいです。小難しい理屈とかそんなもんはありません。問答無用のハッピーエンド。

総評

面倒なことを全部省いて「おっぱい」の力でねじ伏せる、その清々しい姿勢に感銘を受けました。シンプルイズベスト。難しいことは一切ないので、構えることなくプレイでき、気持ちよくプレイを終えられます。

度々DL販売サービスのセール対象になって気軽に買える値段になっているので、作品ページを見て気になったらあまり深く考えずに買っちゃえばいいと思いますおっぱい。