「カノジョ*ステップ」感想

本作は終始甘さが敷き詰められている作品です。起承転結の転はありません。事件や事故は起こらず、ヒロインがこじらせることもありません。試練もなければ仲が悪くなることもない、とことんプレイヤーにダメージを与える要素を排除した作品でした。

1ルート目をクリアしたときに「あれ…これ全く転んでねぇな」と気付いて、2ルート目で確信して、以後安心してプレイできました。全ルート普通に幸せなハッピーエンドになるのも素敵でした。

良い作品につらさや難しさなんて一切いらないんですよね。つらさがないとヒロインの魅力が引き立たないなんてことは全くなく、5人のヒロインは全員とてもかわいかったです。1、2ルート辺りで完璧に信頼できたので「この後変なオチとかないよな…?」という不安が一切なく、手放しでかわいい!と受け入れられました。

1、2ルート辺りで完璧に信頼できた、と言いましたが「この作品はいい作品なんだろうな」というのは開始数分で感じられました。有無を言わせない謎の信頼感がありました。これはいい作品でした。

攻略サイトを見ると、どうやら本作には「恋人関係になったことを隠すかどうか」や「ヒロインにやきもちを妬かせる方法」などもあるようでした。途中でセーブして選択肢をごにょごにょして色々なパターンを見る、そういうやつですね。射精先選択肢みたいな。

で、私はこれをやらずに本作を終えました。恋人関係は隠さない方だけにして、やきもちは妬かせずに、攻略サイトどおりに各ルートをクリアするだけ。

ランス10でもそうでした。「近い将来終わるなら、今終えても大差ない」―そういう考え方ですね。カノジョ*ステップの世界観は大変素晴らしくいつまでも浸かっていたくなる快適さです。悪人も悪意も存在しない世界、いいよね…。でもやきもちイベントやクローズイベントまで見て引き伸ばしても、結局終わります。それならメインの5人のヒロインルートを普通にクリアして終わりでいいや、そうなりました。

とても高レベルな「甘いだけの作品」でした。何も身構える必要がなく、肩の力を抜いて「かわいい!楽しい!」と言っていられる素敵な作品。悪いところがほとんどなく、エロゲ初心者の方にもオススメしていける作品だったと思います。