「デモニオン2」感想

デモニオン1は大変素晴らしい作品でした。CGもストーリーもHシーンも全てが高レベルで、それでいて規模も大きすぎず適切でした。その続編が今回GAME 遊び放題 プラスの対象になったということで、早速やってみました。

相変わらず素晴らしいCGに面白いストーリー、Hシーンも豊富でゲーム部分も面白かったです。文句の付けようがありません。これらについては。他が悪意を持って作ったんじゃないかというくらいクソでした。

移動指示に1マス1ユニットの制限が掛かる


まずデモニオン2最大の欠陥から。デモニオン2の戦闘はダンジョン内で自軍ユニットの移動先を指示しながら進めていきます。

それで5体以上のユニットを選択して4マスの部屋に移動指示を出すと上図のようなエラーメッセージが表示され、4体しか移動を開始しません。残りはその場で待機します。

4マスなんだから4体しか入らない。これは全く正しい理屈ですね。しかしだからといって最大24体ものユニットを扱わなければならないのに、部屋の容量によって細かく指示しなければならないのは大変です。やってられるか。

それでいて4マスの部屋に4体のユニットを詰め込んだ状態で、別のユニットをその部屋に追加することはできてしまいます。1マス1ユニットなどという制限はありません。流石に24体ぎっしり詰め込んでもオッケー…ではないようで詰め込もうとしたら何体か押し出されましたけど、それでもかなり詰め込めます。

部屋にはぎっしり詰め込めるのに、移動指示では1マス1ユニットの制限が掛かる。そのせいで無駄な操作を強いられている感覚が強かったです。「全選択コマンド→移動指示」だけでスムーズに進んでくれればどれほど快適だったことか…。

さて、上で「4体しか移動を開始しない」と言いました。これがまたヤバくて、本作では自軍ユニットが敵軍ユニットと同室していると、後はリアルタイムで自動戦闘になります。

4マスの部屋に移動したいとき、4体しか移動しません。このため4体のユニットに敵軍の攻撃が集中して大ダメージを食らいます。24体いれば24体に分散されてほとんど死ななかったところを、集中砲火を食らって死ぬのは大変悲しい事故でしたね…。

また「踏んでいる間、定期的に発動する罠」が多数設置されているのもヤバくて、移動指示がもたついていると罠が何度も発動してユニットが死にます。何かカチカチ言ってるなと思ったらユニットが罠の上で待機して瀕死になってましたね…。君移動できてなかったのね…。

戦闘を一時停止すればいくらもたついても全く害はないんですが、移動指示の度に一時停止してちまちまやる爽快感の終わっているゲーム体験をさせたかったのでしょうか…。「移動指示では1マス1ユニットの制限が掛かる」のせいでホント酷いゲームになってました。

在庫、入荷数、在庫最大数の概念がある

一般的な店を思い出してみてください。お金があれば売られているアイテムはいくつでも買えましたね。ゲーム内の店は実際に倉庫で在庫を抱えているわけではないので、在庫を無限に持つことができます。それが本作の店には在庫、入荷数、在庫最大数という概念があります。嫌がらせかな。

もちろん在庫までしか買えず、1ターンに数個しか入荷せず、在庫も最大で10個とか1個とか、かなり少ないところでストップします。1ターンに複数個必要になることもよくある盗賊の鍵(消耗品)が1ターン1個しか入荷せず在庫最大数も1なのは頭おかしいとしか思えませんでしたね…。毎ターン店に通って盗賊の鍵を1個買う作業を繰り返していました。

1ターン1個と言っても何もせずにターンを進められるなら、まぁ多少面倒なだけで済みました。しかし本作はターン経過で敵軍が攻め込んできたり侵攻途中のダンジョンが再建したりします。このためお金はあるのに回復アイテムを十分に買い揃えられないまま戦闘するハメになったことが度々ありました。とても面倒くさい…。

ユニットが死亡するとアクセサリが外れる

本作では死亡したユニットは専用の通貨を払って復活させるまで使えなくなります。使えなくなるということはアクセサリも外せなくなるので、死亡した際にアクセサリが外れるようになっています。親切…じゃないんですよね。そのせいで一度熟考して各ユニットにアクセサリを分配しても、うっかり死ぬだけで布陣が崩れて再装備の手間が掛かります。

しばらく手動で再装備していましたがすぐに崩れるのがアホくさくなり、ボタン一つでいい感じにアクセサリをユニットに配布してくれる自動装備機能しか利用しなくなりました。最適解ではないかもしれませんが、面倒くさいのでそれでいいです。このせいでアクセサリの組み合わせを考えるゲーム性も終わってました。

ユニットの復活に専用の通貨が必要

ドラゴンクエストでは、死んだ仲間は教会でお金を払って復活させることができます。最近の作品はプレイしていないのでわかりませんが、私がプレイした作品はそうでした。専用の呪文を使って復活させることもできました。戦闘中にわざわざ1行動消費しなければならない煩わしさはありましたが、戦闘が終われば大したストレスもなく復活できました。

一方で本作では復活に専用の通貨を要求されます。これがゲーム内でなかなか入手できず、枯渇したことも何度かありました。それに対してユニットは1マス1ユニット制限のせいで移動にもたついて死にまくり、その上アクセサリの再装備作業も発生し、ユニットの死亡が大変ストレスでした。

ユニットが揃うのに時間が掛かる

侵攻戦は6体のパーティが4つで24体のユニットで侵攻します。パーティは1つずつ順番に突入していくので、全員揃うまでに時間が掛かります。

しかし少数で進むと攻撃が集中して即死するので、結局24体揃うまで待ってから全員で同じルートを踏み潰す感じになります。そうすると揃うまで何も面白くもない戦闘画面をぼけーっと眺め続けることになります。

もしかしたら突入したパーティにそれぞれ別ルートを侵攻させるようなイメージだったのかもしれませんが、そしたら攻撃が集中して死ぬじゃないですか。死んだら復活が面倒じゃないですか。そもそも個別に移動指示を出すのもとてもやりづらいじゃないですか…。

こんなの最初から全員並べた状態で戦闘開始すればよかったと思うんですよね。なぜ分けてしまったのか。さっぱりわかりません。

これに加えてクソUIもちりばめられており、CGもゲーム部分もストーリーもいいのに全くオススメできない、という何とも言い難い悲しい作品でした。デモニオン1はとてもいい作品なのでオススメできたんですけどね…。プレイしたらデモニオン2も気になってしまう、という意味ではデモニオン1もオススメすべきでないかもしれませんけど。

クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「画面によって操作法が異なる」
クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「右クリックで戻れない」