「ノットフィクション!」感想

小さい頃から大好きだったお姉ちゃんと思いが通じ合って無事に結婚した後の話です。体付きがめちゃくちゃエロくて、家事が得意で、セックスも積極的で、お互いに思いが通じ合っていて…と理想的なお姉ちゃんとの新婚生活なんてそんなの幸せ以外ありえないじゃないですか。前作HarmonEyが素敵でしたし、本作にも期待が高まります。

ところが残念。本作は前作ほどグッと来ませんでした。頭では「あー、うん。エロい体付きしてるよね。うん。わかる。」とはなるものの、なぜかグッとこない。刺さらない。性癖ですかね…?ことごとく外れていて、何かダメでした。

主人公が生理的に無理だったのもキツかったです。結婚して1年にもなるのに、ちょっとからかわれただけですぐに照れたりむせたり、それがしつこすぎました。それが好意的に捉えられるのはかわいいヒロインだけなんですよ…私たちプレイヤーの大半は男性であってこのヒロインさんではないんですから、男性主人公が照れている様子で喜べるようにはできていないんですよ…。

そしてそんな主人公のモノローグが「~のだ」のような強めの口調なのも違和感しかなく…

ごめん無理…。そして山も谷もないゆるやかな結婚生活が描かれるだけの作品なので挽回の機会もなく、そのまま終わってしまいます。

ということで、本作はハズレでした。うーん…。