「人外ハント!」感想

モンスター娘(人外)を捕獲(ハント)する作品です。RPG風のマップでアクションするゲームで、ゲーム画面はこんな感じ。

右側のスライム娘からこっちに向かって緑色の弾が飛んできてますね。こちらも弾を飛ばしてモンスター娘に当てていき、先にLIFEを削りきったら勝って捕獲Hシーン、削りきられたら敗北Hシーン、と大体そんなゲームです。

このスライムはモンスター娘の中では最弱で、動き回りながら弾を飛ばしてくるだけ。マップ中の水たまりで少し足を取られるくらいでたいしたことはありません。2人目のウェアハウンドも似たような感じですが、3人目のマミーからは一気に難易度が上がって10回弱死にました。そして4人目のマンドレイクがまたクソ鬱陶しい動きをしてきて、心が折れて投げました。やめだやめ。やってられるか。

多分マリオブラザーズ3の太陽が苦手な方は本作も苦手です。敵が継続的に襲いかかってくるやつ。それも倒すまで延々と。時には複数体で。

「負けたら町まで押し戻されてやり直し」で面倒で、しかもうっかりキーを連打していると既読Hシーンに突入してしまい、アクションゲームの難易度がやたら高くて死にまくり、更に「3回同じモンスター娘に勝ったらライフを1増やしてあげるよ」と言われて仕方なく3回ずつ捕獲を試みるもつらい作業が3倍に増えるだけで楽しめず、捕獲HシーンにこだわらずにColor Jelly作品のモンスター娘とのHシーンを見たいだけなら他の作品で十分に足りることもあって「やってられるか」となりました。

モンスター娘とのHシーンがエロくないわけではありませんし、しっかりかわいいです。

ですが割に合いません。そんな残念な作品。

本作はColor Jellyのゲーム作品1作目で、2作目以降はアクション要素のないRPGか、あってもアクションゲームが苦手なプレイヤーへの救済措置が満載で、難易度が適切に調節されていました。

こちらは3作目のファミリアコロシアムの戦闘画面です。「敵が構えた攻撃に対応して、制限時間内にキーを順番に押す」というアクションゲームですが、Zキーを押さないと次のターンが始まらないようになっており、休憩を挟むことができます。またウィンドウを非アクティブにすれば動作が一時停止するため、落ち着いてキー入力の順番を考えることもできます(人外ハント!も一時停止しますが、アクション要素が強すぎてあまり意味がありません)。多分「アクションゲームが難しすぎて途中で投げた」みたいな意見が多く寄せられたんじゃないかと思います。

もしかすると次のステージは簡単で、めちゃくちゃエロかわいいモンスター娘が待ち構えているかもしれません。けど多分もっと難しいので、私はもういいです。

Color Jellyのゲーム作品

「人外ハント!」感想
「ファミリアコロシアム」感想
「妖狐淫刀」感想
「グール×グーラ・コンパーニャ」感想
「グール×グーラ・コンパーニャ」攻略