「俺の妹は、ツンデレで変態でした」感想

ヒロインがとても魅力的な作品でした。ヒロイン1人の小規模作品でヒロインが魅力的でなかったら致命的ですけど。妹ちゃんは物心付いた頃から兄(主人公)のことが好きで、主人公はそんなことに気付かず、愛情の裏返し的なツンツンした態度を「妹の兄離れ」と認識していました―ってエロゲによくあるブラコン妹の境遇ですね。

で、本作は抜きゲーなので、開始数分で妹ちゃんが襲いかかってきます。お兄ちゃんキモい!みたいな態度のまま。そして突然声優さんが変わります。
上のセリフが兄離れ側、下のセリフがブラコン側。声の質がガラッと変わります。実は声優さんが変わるわけではなく、一人二役をやっているようなんですが、突然の豹変には大変驚きました。

じゃあここからはデレッデレなんだな!と思ったら違いました。どうやら他人のいる人前では兄離れモードになる二重人格のようで。コロコロ変わって見ていて飽きません。とてもかわいくて面白楽しい素敵ヒロインでした。

その後は抜きゲーなので、どんどんブラコン側が強くなっていって、何だかんだあって親公認の仲にまで発展します。エロゲ世界の親御さん、心広すぎませんかね。

 

妹ちゃんはタイトルにあるとおり変態です。まぁそりゃわかってた。それもかなり頭おかしい方の変態です。わかってたけどここまで…? そしてとてもかわいいです。

ここのメーカーさん、多数のハズレの中にときどきとんでもない威力の作品が混ざっている感じなんですよね。そして今作がそれです。数時間で終わりますので、気になったらやりましょう。