「孤独に効く百合」感想

不登校の同級生(右)にプリントを届けに行ったら百合の沼に引きずり込まれる話…と思いきや届けた方(左)が覚醒して更に深い沼に引きずり込む話。夜のひつじ作品なので、お気持ちとお気持ちがぶつかり合って絡み合って溶け合って、何かもうわぁ…って感じ。

全年齢作品であり、Hシーンや性器、突っ込む突っ込まれるの描写はなく、性的な描写と言えるようなものはキスや指の汚れを舐め取る程度の軽いものしかありません。と言ってもそのキスなどの軽いはずの描写がとても丁寧に描かれていて殺傷力が高いんですけども。

規模はかなり小さくまとめられていて、これまで試した百合作品は最後まで辿り着く前に面倒にやめてきた記憶しかない私でも「あれ、え、もうこれで終わり?」となるくらい。少し短すぎた気がしますが、長くなると二人の世界が加速して遙か彼方に飛んでいってしまうので、このくらいがちょうどいい塩梅なのかもしれません。私みたいに「百合ってこれまであまり楽しめたことがないんだよなぁ」みたいな人でも気軽に手を出していい作品だと思います。