「巨乳ファンタジー3」感想

巨乳シリーズもとうとう最新作(GAME 遊び放題 プラス対象の中で)まで来ました。いやぁ長かった…というほどではなかったですね。ランスシリーズはゲーム性があるせいで大変なことになっていました。あれと比べれば1作品15~30時間程度で終わる巨乳シリーズは軽め。

さて、3ではこれまでの作品から世界観が一新されており、古代ローマっぽい世界観になっています。そして主人公はこれまでのような人間ではなく、神です。パイズリの神。冥界からうっかり人間界に吹っ飛ばされるところから物語が始まります。

村の用心棒みたいなところから始まり、剣闘士になって大活躍し、軍団の司令官になって大活躍し、都に神殿が出来上がって神として大活躍して何だかんだあって皇帝になる成り上がりストーリーです。こうして文字にするとこれまでの成り上がり物語と似たり寄ったりですが、本作の主人公はそもそも神なので、大活躍しても「まぁでも神だし」となってしまいイマイチ盛り上がりに欠けるところがありました。これまでの主人公は本来非力な人間だったので大活躍が面白かったんですけど、いくら低級神とは言え神じゃなぁって。

またテキストに癖が強いのもマイナスでした。たとえばこのテキスト。

古代ローマっぽい雰囲気を出すために豪邸にドムスというふりがなが振られています。訓練士はドクトルだそうで。でもこれ、「ごうてい」「くんれんし」と読んでも理解に全く困らず、そうなるとふりがなはただの無意味どころか邪魔なカタカナの羅列に成り下がってしまい、とても読みづらかったです。

そしてこのふりがなの不味いところは、「豪邸」が毎回「豪邸(ドムス)」になっているところです。日本語的な読み方ではないので、プレイヤーはなかなか「豪邸」を「ドムス」と読めるようになりません。だからと言って「ドムス」とだけ書いてもプレイヤーは理解できず、「豪邸」では古代ローマっぽい雰囲気を出せません。そういうわけで「豪邸」は毎回「豪邸(ドムス)」になります。酷いときには1クリック分のテキストの中に同じふりがなが複数回登場することもあり、ホントうんざりさせられました。

プレイヤーは巨乳シリーズをプレイしたくて本作を手に取ったんだろうと思います。「よっしゃ古代ローマだやったぁぁぁぁ!!!」となった古代ローマオタクもいたかもしれませんけど、いても数えられる程度でしょう。大半のプレイヤーは古代ローマに「砂漠のどこかにあったんじゃね?」くらいのイメージしか持っておらず、魅力も感じていなかったはずです。そんなプレイヤーに「タイトルだけ巨乳シリーズで古代ローマっぽい雰囲気が強いだけの面倒な作品」を出すのは…どうなんでしょうね。

「史実に忠実」というのは、3発売より前、制作していただろう時期に流行っていた艦これの成功要因として語られていました。けどあれは「史実に忠実だったから成功した」わけじゃないんですよね。たまたま軍艦オタクや史実オタクに刺さって話題になって色々あって成功しただけで。本作も「めちゃくちゃ調べたんだろうなぁ」と感じさせる描写がそこかしこにありました。ヤマネが食卓に並ぶところとか、知らなきゃ書けないと思います。けど、それは大して魅力に繋がっていませんでした。古代ローマオタクかつエロゲオタクなんてAND条件はあまりにキツすぎて、努力の方向を間違えていたんじゃないかという気がしてなりません。

そりゃ間違っているよりは正しい方がいいですし、本作は単品で見ればつまらないクソゲーだったわけでもなく、面白くはありました。ヒロインもまぁかわいかった。ですが巨乳シリーズを一気にやってきて最後に3をプレイした感想は「お前の本気はそんなもんじゃないはずだろ…!」でした。3までしか対象になっていないGAME 遊び放題 プラスで巨乳シリーズをプレイするなら、3から始めて、他を発売順にやっていくのがいいんじゃないかと思います。もしくは3は見なかったことにするか。

巨乳シリーズ関連記事

「巨乳ファンタジー」感想
「巨乳魔女」感想
「巨乳ファンタジー外伝」感想
「巨乳ファンタジー2、巨乳ファンタジー2if」感想
「巨乳ファンタジー外伝2」感想
「巨乳ファンタジー3」感想
「巨乳ファンタジー外伝2after」感想
クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「クリックしないとタイトル画面のボタン群が表示されない」
クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「ボタンを押さないとボタンが有効にならない」
クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「テキストウィンドウを完全に消せない」
クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「シリーズモノで方向を逆にする」
クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「オンマウス演出で要素の位置や形を変える」
クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「非アクティブでもオンマウス演出で効果音が鳴る」