「恋は夢見る妄烈ガール!」感想

本作のOPソングは何と言うか独特です。かっこいいわけではなく、電波ソング的な賑やかさもなく、感動系のしっとりした感じもなく、何と言ったらいいかわかりませんが面白い曲です。他のエロゲソングとは一線を画しています。そしてOPムービーは基本に忠実というか、単純に静止画を飾り立てて曲に合わせて動かしているだけなんですが、動かし方が大変気持ちよく、曲とよく合っています。

一時期狂ったようにOPムービーをループ再生していて、今回GAME 遊び放題 プラスに追加されたのを見て「お、これは!」となりました。

肝心の内容ですが、本作のCGはどれも完璧でした。イベントCGだけでなく立ち絵でも表示される度に「なえなえ先生ありがとう…」となっていました。エロい、かわいい、キラキラしてる、そして巨乳巨乳巨乳。ホントなえなえ先生ありがとう…でした。なえなえ先生のCG集としては100点満点です。

シナリオもこれと言って難しかったり暗かったりな話はなく、短く、プレイヤーの心を抉ってくるようなことは特にありませんでしたね。なえなえ先生のCG集にちょっとしたシナリオが付いた、くらいの認識だと特に不満もなくいい感じなんじゃないかと思います。NEW STORYを除けば。

全員のルートをクリアすると選べるようになる追加シナリオNEW STORY、これはちょっとした後日談と真相が明かされる感じなんですが、とてもいらなかったです。序盤のアオイが猫耳を着けてにゃんにゃん言う辺りは「人を殺すのに刃物も銃もいらないんだな…」みたいな感じですが、終わり方が大変微妙でした。

本作は「主人公が雷に打たれるか何かして、触れた相手の妄想が見えるようになる」ところから話が始まったわけですが、シナリオは大して重要な感じではなく、作品の大まかなコンセプトは「なえなえ先生ありがとう…」です。

そうしたとき、わざわざアオイを犠牲にしてまで主人公が目覚めた能力を説明する必要はなかったと思います。「雷に打たれて変な能力に目覚めた」でいいじゃないですか。アオイも「ただの猫っぽい性格のヒロイン」でいいじゃないですか。それをあの形で締めくくられて「えぇ…」となってしまいました。あれ、何だったんですか。

NEW STORYを見なかったことにすれば、なえなえ先生のCG集豪華版みたいな感じで、そういう期待でやる分には何の文句も出ない素晴らしい作品だったと思います。

OPソング、OPムービーも素晴らしいので、「プレイしたけどよく見てなかった」みたいな方はもう一度見てみるといいと思います。それで気に入ったら握手しましょう握手。