「洗脳×売春×経営シミュレーション学園」感想

洗脳、いいよね。売春…うん、これもいい。それで経営ってつまり洗脳した女の子を使い潰すアレでしょ。大好きだよ。…全然違いました。すごいゲームでした。

たしかに道行く女の子を洗脳して監禁し、売春させて稼いだお金を奪い取るゲームです。広告に偽りはありませんが、問題はそこではありません。洗脳した女の子が売春している様子を眺めている暇が全くないほど忙しいです。

本作では3つのゲームオーバー判定が設定されています。

  • 時間経過で減る主人公の体力が0になった
  • 洗脳した女の子がいると減る隠密が0になった
  • 7日ごとに10万円ずつ増えていくノルマを払えなかった

時間がものすごい勢いで進むので体力があっという間に減っていき、隠密も考えなしに洗脳しまくるととんでもないペースで減っていき、そして時間経過はメニューを開いていようがセーブ画面を開いていようが止まらないので、やべぇあと10しかないじゃん!で焦ってメニューを開いても間に合いません。持っていなければ買い足す必要がありますが、買い物中も減り続けて尽きれば問答無用で死にますし何なら店に辿り着く前に死にます。ノルマの取り立ても厳しく、勝手がわからないと効率的な稼ぎ方ができずあっという間で払えなくなり詰みます。マジで何度死んだかわかりません。

ジェットコースターだってもう少し落ち着いてますって、そんなすごい勢いの作品でした。クリアすると死ななくなるんですが、それまでは全く落ち着く暇がなく、クリアして一息ついて初めて「あ、このドットアニメ割とエロかったんだ…」と気付きました。「ドットアニメが数秒で終わって使い物にならない」みたいな作品はこれまでにも経験がありますが「画面上に常に表示されているけど、そんなの見ている余裕がない」はそれなりに長いエロゲオタク歴の中でも多分初めてです。