「Flyable CandyHeart」感想

Flyable Heart君の名残は静かに揺れてのその後の小話が8本収録されたファンディスクで、多分シリーズの流れはこんな感じ。多分。

よくある追加Hシーンとそれに入るための導入部だけのスカスカな内容+αみたいなルートが多めで、そんな中結衣ルートとすずのルートは真面目にFlyable Heartシリーズを締めくくる話になっていました。他のルート→結衣ルート→すずのルートになるようにルート制限まで掛かっていましたね。

結衣ルート・すずのルート以外はどれも軽く楽しめる内容で、特にFlyable Heartではルートがなかったサブキャラクターの恵ルートは素晴らしく、ハイテンションな恵が主人公を振り回しながら恋心を理解していく様子がとてもかわいらしかったです。

一方で真面目な雰囲気の結衣ルート、すずのルートは話を締めくくるために現代と未来、2つの世界を行ったり来たりして色々やっているうちに何が何だかわからなくなってしまい、最終的に「ほげぇ」となっていました。

そもそもTrueルート的な位置づけのすずのが「かわいいのはわかるけどいまいち魅力を感じない」みたいなヒロインで、真面目な雰囲気を察知した時点で「あ、なんか面倒くさそう」となってしまって、理解力が終わってしまいました。結衣ルート中盤から真面目な雰囲気を察知していて、すずのルートもそうなるだろうと察していたので、その時点で切り上げておけばよかったかもと今更ながらに思います。

苦手な展開になりそうな雰囲気を察知した時点でさっさと逃げる能力を身に付けよう、そんな決意を固くした作品でした。頑張ります。