あなたのタイムラインは高純度なタイムライン?それとも雑多なタイムライン?

エロゲオタクのタイムラインはエロゲツイートで溢れている…と思っていたのですが割とそうでもない感じなのかも?

私はフォローを厳選しているため、タイムラインのエロゲツイートの純度が高いです。7~8割はエロゲツイートかと思います。Tweenというフィルターソフトで更にエロゲ以外のツイートを排除しているので、ちょっとしたクリーンルームみたいになっています。

けどこれが自然な状態とは言い難いです。一般的なタイムラインは多分ここまで高純度ではありません。エロゲオタクな人のタイムラインでも、エロゲツイートは2~3割くらいでしょうか。

焼き肉
エロゲ
パチスロ
ソシャゲ
日常
リツイート
リツイート
エロゲ
ソシャゲ
日常

こんな感じ。「一般人と比べればエロゲツイートの割合が高い」というだけで、エロゲツイートで埋め尽くされてはいない―そんなタイムライン。

だからと言ってエロゲツイート7~8割のタイムラインを目指そうという話ではなく。どちらがいいということもないので。私のタイムラインはエロゲツイートには事欠きませんがエロゲツイートしか流れてきません。2~3割のタイムラインなら割と色とりどりなツイートが流れてきます。

私は最初から高純度なエロゲタイムラインを目指していましたが、そんな人は稀で「ツイートを読みたい人を片っ端からフォローしていたら今のタイムラインになった」が大多数でしょう。普通、エロゲ以外にも様々なものに興味を持ちます。それでアニメやラーメン、政治やイラスト、それらを片っ端からフォローして「エロゲツイートも含む、雑多なタイムライン」になります。

フォローするアカウントの探し方から違っていて、私は「自分の求めるツイートをしている人」を探し出してフォローします。フォローしてみてエロゲ以外のツイートが多いと気付いたらフォローを解除するまであります。

一方で雑多なタイムラインになる人は「外部で知った人」をフォローします。素敵な作品を作る人、部活の先輩、支持している政治家、そういう人々がたまたまTwitterアカウントを持っていたからフォローしただけ。多分高純度なタイムラインを作るという発想もありません。不純物だらけ、というか雑多なので純度や不純物という概念が存在せず、不快に感じない限りフォローを解除しません。

 

50点を80点にするのは簡単でも、90点を100点にするのは難しい。それが1点刻みのテストならまだしも、0.001%刻みの純度では「そこまでする必要ある?」です。99.997%を99.998%にするのに何時間も掛かるなら、じゃあ99.997%でいいやってなりますね。

タイムラインの純度も同じで、私はフォローを厳選するので、フォローをなかなか増やせません。フォローした後もエロゲ以外のツイートがあると気になります。ちょっとした精神病です。それでいて得られるのが「ちょっと純度の高いエロゲタイムライン」って、えぇ…。多分私はやりすぎで、コストが高純度化の価値を上回っています。5割くらいでも問題ないのに、過剰にコストを掛けて厳選してしまっています。最近気付いてこりゃいかんとなったところです。

 

高純度タイムラインを目指す使い方をしている期間が長すぎて、一般的なTwitterの使い方をすっかり忘れていました。「ツイートを読みたい人」をフォローした結果出来上がるのがタイムラインなんでした。意図して作り上げるのではなく、いつの間にか出来上がっている、そういうものでした。

タイムラインの高純度化を目指すと際限なく面倒くさくなり、割と真面目に精神病もあり得ます。ちょっとエロゲツイートの純度が高いだけのタイムラインにそこまでの価値はないですから、程々で妥協しましょう。