エロゲUIの話、「セーブデータの削除機能」はなぜ存在するのか

エロゲにはセーブ機能があり、選択肢の前や中断の際に利用します。ここで作成したセーブデータですが、なぜか削除機能が付いている作品があります。不思議ですね。

「削除機能がなかったらどうやってセーブデータを削除するんだよ!」という話ですが、そもそもセーブデータって削除しなくていいんですよね。不要なセーブデータは上書きすればいいんですから。

このためセーブデータの削除機能にはハードディスクの空き容量をほんの少し増やすくらいの効果しかありません。エロゲのセーブデータって1つ数十KBから、大きくても数MBくらいですね。サムネイルの画像ファイルを含めても高が知れています。現代のGBとかTBとか言っているハードディスクの容量から見たら砂粒みたいなものです。つまり「そもそもセーブデータを削除する必要がない」というワケです。でも削除機能のある作品、割とありますよね。アレは一体何なのでしょう。

セーブデータの削除機能は「セーブデータを削除したいプレイヤーがセーブデータを削除できるようにするため」に存在しています。何言ってんだ当たり前だろって話ですが。

「セーブデータを削除したいプレイヤー」は「削除する必要がないことに気付いていないプレイヤー」のことです。まぁそういう人もいますよね。彼らはセーブデータを削除できないと怒ります。メーカーに直接問い合わせるほどのガッツはないかもしれませんが不満を持ちます。客の不満は今後の売り上げに影響します。でもだからと言って「セーブデータを削除する必要はありません」なんて説明を表示するのは画面がごちゃごちゃして嫌ですね。美しくない。

それで説明を表示するくらいならゴミ箱アイコンを1つ設置して、削除したいプレイヤーが気持ちよく削除できるようにした方が儲かる。そういう結論になり、本来不要なセーブデータの削除機能が現代でも健在しているワケです。

「そもそも削除する必要はあるのか」と考えると全然そんなことはないんですけど「削除したい人は割といる」という現実を受け止めた柔軟な設計なんですね。ゴミ箱1つで一部の客に心穏やかに作品を楽しんでもらえるなら安い安い。

他にも削除機能が存在する理由ってあるんですかね。私はこれしか思いつきませんでした。