クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「スライダーをドラッグすると画面もスクロールする」

 

こちらはわんこの嫁入りのコンフィグ画面です。

設定項目が1画面に収まらなかったため、スクロールバーが表示されていますね。ただしスクロールバーをドラッグする必要はなく、画面のどこでドラッグしてもスクロールできるようになっています。なるほど、ノートパソコンなどはホイールがありませんから、ドラッグでスクロールできた方が便利ですよね。スマホの操作性と似ており、スマホが普及した現代ではむしろなじみ深いのかもしれません。

さて、テキストスピードはスライダーで調節でき、その現在値を数値で表示してくれていますね。ではテキストスピードを50にしてみましょうか。ぐいーっとドラッグ。

何かスクロールしましたね。ホイールは回してません。テキストスピードのスライダーをドラッグしただけです。

はい。画面のどこでドラッグしてもスクロールできるようになっています。それはスライダーも例外ではなく、本当に画面全体どこでもそうなっています。テストで誰もおかしいと思わなかったのでしょうか。

人間は機械ではないので、正確な作業が苦手です。まっすぐドラッグするなんてことはできず、左右にドラッグしたくても上下方向にもドラッグしてしまい、スクロールしてしまいます。普通はスライダーをドラッグするとき、スライダーの値を設定することしか頭になくスクロールしたいとは考えていないのでプレイヤーは驚いてしまいます。よくないですね。

さらに不味いのが現在値を表示している点です。数値で表示されているので、今回の私のように「50にしよう」と目的値を脳内で設定して操作するプレイヤーが発生します。彼らは表示されている現在値を見ながらドラッグするわけですが、その現在値がスクロールによりぶれて酔ったり、画面外までぶっ飛んで見えなくなったりします。これを防ぐには、頑張って人類が苦手な直線スクロールをしなきゃいけません。つらいですね。

画面全体どこをドラッグの始点にしてもスクロールできる、というのは使いやすくていいと思います。ただ、本当に「画面全体どこでも」ではなくスライダーのようなドラッグする部分は除外してほしかったです。そうすれば頑張らずに快適に設定できたはずです。