クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「ホイール1回転あたりのスクロール量が少なすぎる」

 


こちらは働くオトナの恋愛事情2のプロフィール画面です。ヒロインのプロフィールを見ることができます。情報量が多く1画面では収まらないため、右端にスクロールバーが表示されています。ホイールを1回転してみましょう。

スクロールしました。わかりましたか。滝の4画目、立の1画目が画面外に出た程度のスクロール量です。一番下に到達するまでに33回転必要でした。途中で心が折れそうになりました。

ところでプロフィール機能は1の頃からありましたし、スクロールバーもありました。1でも見てみましょうか。


1回転で名前が半分以上画面外に流れていき、3回転で一番下に到達しました。何も苦労することなく、軽い気持ちでホイールを転がすだけで全文表示できました。完璧じゃん。

さて、もう少し観察してみましょう。1ではプロフィール項目が2列ですが、2では1列になっていますね。1では2列にしたせいで写真の表示位置が右下しかなくなり、その結果スクロールバーと被ってしまっていました。2ではこの問題を解消するために1列にしたのでしょう。プロフィール項目はそれこそ2列にできるくらい横幅を必要としないため、1列にすれば右側に大きな空きスペースを作れます。これを利用して写真の表示スペースを確保したんですね。

しかし2列を1列にまとめたら、そりゃ縦幅が大きくなります。2ではスクロール量が少なくなったのに対して、スクロールの必要量は増えているんですね。作った人酔っ払ってたの…?「1では完璧にできていたのに、2でおかしくなっている」―働くオトナの恋愛事情2にはこれが非常に多いです。ホントどうしてこうなってしまったんですかね…。