クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「画面によって操作法が異なる」

 


こちらはデモニオン2のマップ画面です。広大な大陸を舞台に戦争する作品なので、マップが画面に収まりきらず、スクロールが必要です。マウスの左ボタンを押し下げたままぐりぐりドラッグすればスクロールできます。直感的に操作できていいですね。

続いてこちらはデモニオン2のダンジョン画面です。主人公である魔王様を守るため、巨大なダンジョンを構築して襲い来る敵を返り討ちにするタワーディフェンスってやつですね。画像左下のミニマップでわかるように、画面に表示されているのはダンジョンの一部で、こちらも画面内に収まりきらずスクロールが必要になっています。マウスの右ボタンでスクロールできます。

…何かおかしいですね。マップ画面では左ボタンでドラッグするのに、ダンジョン画面では右ボタンでドラッグします。同じスクロールなのに、画面によって操作法が異なります。

頭がしっかり切り替えられる優秀なプレイヤーなら、無意識のうちに使い分けてすいすいスクロールできるのかもしれません。けど私はできませんでした。マップ画面で右ドラッグしてスクロールできず「あっ」となってやり直す、という下らない事故が多発しました。

なぜこんなことに…というと、ダンジョン画面では左ドラッグでユニットを範囲選択する機能を割り当てたためですね。Windowsは左ドラッグで範囲選択するので、それに合わせたのでしょう。その方が直感的に使えます。このためダンジョン画面では右ドラッグしか空きがありませんでした。

それならマップ画面も右ドラッグにして統一すればいいのでは?というもまた問題があって、というかそれが根の深い問題でして。

本作ではボタンをクリックしたとき、マウスのボタンを押し下げた時点でそのボタンが作動します。そしてマップ画面において、右クリックはキャンセルです。ゲーム画面を目指して1つずつ画面を戻っていく機能ですね。この2つが組み合わさると「マップ画面では右ドラッグできない」という悲しい制限が発生します。

じゃあなんでダンジョン画面では右ドラッグできるんだよ!というと、ダンジョン画面はキャンセルするものがないためです。なので右クリックにキャンセル機能を割り当てる必要がなく、右ドラッグが可能です。

諸悪の根源は「マウスのボタンを押し下げた時点でボタンが作動する」なんですね。こいつさえなければマップ画面でも右ドラッグが可能になり、ダンジョン画面とマップ画面で操作法を統一でき、私みたいな頭の切り替えが下手なプレイヤーでも気持ちよくスクロールできたはずです。なぜ押し下げた時点で作動するようになっているのかはわかりませんけど。

画面によって操作法が異なるというのはとてもやりづらいです。毎回「ここはマップ画面だから…」と考える必要があり、直感的な操作とはほど遠いです。そんなの誰も幸せになりませんから、操作法は統一しましょう。