一連のHシーンをシーン回想で1枠にまとめた場合に発生する問題

こちらはゴッドシスターズの回想画面です。今回このとてもエロいシーンを使おうと思いました。CG回想だとボイスやBGMがなく盛り上がらないので、シーン回想を使うことにしました。それで早速シーン回想画面でこのシーンを探してみましたが、見当たりませんでした。

Hシーンは本番1回だけで終わるとは限りません。本番前後に前戯や2回戦があったりして、サムネイルはその一連のHシーンにリンクしており、クリックすると「前戯→本番→2回戦」の前戯から始まります。これが割と不味い問題を発生させます。

 

まずプレイヤーはどの前戯と本番が「一連のHシーン」であったかなんて覚えていません。なので今回使おうとしたこのシーンが10枠とかあるHシーンサムネイルのどこに含まれているかがパッとわからないんですよ。

今回は制服を着ているのでとりあえず3枠まで絞り込めましたけど、ここからでも最悪2回外れを引かなきゃいけません。頑張って凝視すれば左2枠は背景が薄暗いのに対して右の1枠は目的のCGと似た色合いなので「これかな?」とはなりますが、それも「今回は幸運にも3枠で済んだ」というだけで、裸率が高かったりするとマジ無理。ちょっと使おうかなくらいの軽い気持ちで表示した画面でそんな面倒を要求されるのはアレですね。

 

で、何とか当たりの枠を発見できたとしてもまだ問題があります。今回私は「本番のシーン」を使いたかったわけですが、サムネイルをクリックすると前戯から始まります。パパッと手軽に使いたかっただけなのに、神経衰弱だけでなくもう一手間必要になるんですね。

「前戯で気分を盛り上げてから本番に移行したい」ならこれでいいんですけど、そもそもどの前戯と本番が繋がっているか覚えていなかった私が前戯に何かを期待しているはずもなく。最悪あまり好みでない前戯を見せつけられて微妙な気持ちになる事故まであり得ます。

 

ではこの問題を解消するにはどうすればいいか。その答えはランスシリーズにありました。

こちらはランス・クエスト マグナムのCG回想画面です。サムネイルに「回想付き」というボタンが重なっています。このボタンをクリックすると、そのシーンを回想できるわけです。「回想付き」ボタンは大して重要ではないんですけど。001に前戯、002に本番を並べることで、今回の問題は解消できます。

こうすると前戯と本番の両方のサムネイルを回想画面に並べることができるので、プレイヤーはサムネイルを探し出してクリックするだけで目的のHシーンを簡単に回想できるようになります。また前戯から本番までの一連のHシーンを使いたい人は前戯のサムネイル、本番から始めたい人は本番のサムネイルをクリックすることで、どちらの用途にも対応できます。

でもなぜかそうしている作品ってあまり見ないんですよね。何か問題があるのでしょうか。とても便利だと思うんですけど。