回想機能を封印するのはもうやめませんか?


エロゲには一度見たCGやHシーン、BGMなどを好きなときに見ることができる回想機能があります。そして多くの作品では1ルートクリアするまで封印されています。なぜだかわかりませんが、そういうものですよね。

しかし封印のせいで色々弊害が発生しています。もう封印するのやめませんか。

  • タイトル画面の回想機能の隠し方を考えなければならない
  • BGMの曲名表示機能を否定できなくなる
  • 1ルートクリアするまで回想機能を利用できない

これらは回想機能を封印したために発生した弊害です。どれも回想機能を封印しなければ消えてなくなります。

タイトル画面の回想機能の隠し方を考えなければならない

冒頭のハピメアのタイトル画面ではおまけボタンだけ文字の色を変えて封印されていることを示していますね。わざわざ「封印されていること」が伝わるデザインを1つ余計に作らなければならなくなり、その前には「おまけボタンをグレーアウトするか、非表示にするか、非表示にするなら封印を解くまでゲーム終了ボタンを上に詰めるか」などというしょうもない意思決定もあったと思います。UIデザイン担当者がほぼ一瞬で決定したかもしれませんけど、そもそも封印しなければその決定さえ必要ありませんでした。

クソUIで学ぶエロゲUIデザイン「ボタン群の順番が違う」なんかも回想機能を封印したことによるものです。

BGMの曲名表示機能を否定できなくなる

ハピメアには曲名表示などという機能まで付いています。

「わぁ~曲名が気になる人もいるだろうし便利~」じゃなくてですね…。エロゲはBGMのおまけにエロゲが付いているのではなく、エロゲのおまけにBGMが付いています。主従関係が逆です。東方ProjectはBGMのおまけにシューティングゲームが付いているから曲名表示があるわけで。エロゲのBGMは気になった人だけクイックセーブでもしてタイトル画面に戻って回想機能で確認すればいい、その程度の存在です。

曲名表示機能なんて回想機能を最初から解放しておけば「そんなの知りたい人だけ回想機能で確認すりゃいいじゃん」と一蹴できたはずの機能です。それを回想機能を封印してしまったせいで「回想機能で確認すりゃいいじゃん」と言い返せなくなり、実装してしまいました。というか回想機能が封印された状態で曲名だけ知らされてどうしろと…?

大半のプレイヤーにとってどうでもいいBGMの曲名が画面端にちらつき、設定項目が増えて複雑になり散々ですね。

1ルートクリアするまで回想機能を利用できない

封印されているから当たり前なんですけど、封印を解くまで回想機能が使えないのは不便です。熟練のエロゲオタクは「まぁまだクリアしてないから仕方ないよね」と考えられますが、それも「不便だけど仕方ない」です。不便なんです。

わざわざ不便を押しつけてまで封印しておかなければならないものでしょうか。考えてもわからなかったんですけど。「言われてみれば、別に封印しておかなくてもいいな」となったら、是非次回作では最初から解放しておいて頂きたいです。