快適なエロゲタイムラインを作るためにpixivを使いましょう。

Twitterのタイムラインがエロゲツイートで埋め尽くされていたら嬉しくないですか。嬉しいですよね。それならpixivを使いましょう。あれはとても便利なサービスです。

pixivはイラスト投稿SNSです。自分で描いたイラストを見てもらいたい人が投稿して、それを見たい人が見る―そういうサービス。このサービスにエロゲ以外のツイートを垂れ流すアカウントを押しつけることで、タイムラインのエロゲツイート率を高めます。

 

エロゲオタクのタイムラインにおいて、エロゲツイート率を下げる大きな原因になっているのが絵師です。エロゲオタクは美少女が大好きなので、かわいい美少女を描く絵師を見つけると軽率にTwitterでフォローしてしまうんですね。美少女イラストを期待して。

しかし彼らのツイートは絵師向けツイートと焼き肉とラーメンと猫とソシャゲ、それと宣伝やRTが大半を占めます。そして本人が描いた新作美少女イラストのツイートもほとんどありません。当然エロゲツイートなんてものもありません。エロゲオタクにとっては、あまり楽しめる内容ではありません。

 

というわけで、絵師をTwitterではなくpixivでフォローしましょう。pixivのみでフォローするようにすると、Twitterのタイムラインは絵師の日常ツイートによる汚染がなくなりきれいになります。そしてときどきアクセスするpixivでは、きらびやかな美少女イラストがびっしりと並んでいます。「エロゲツイートはTwitter、美少女イラストはpixiv」と使い分けることで「絵師の日常ツイート」を排除できます。

ここでポイントとして「pixivに本気にならないこと」が大切です。絵師の日常ツイートが邪魔だから、それを排除するためにpixivを使うんです。ここを間違えるといつの間にか「pixivでもっといい美少女イラストをたくさん見るために素敵な絵を描く絵師をもっと探そう」みたいな方向に迷走してしまいます。帰ってきて。目を覚まして。

Twitterを徘徊していると、度々素敵な絵を描く絵師を見つけます。そうしたとき、これまではTwitterのフォローボタンを押していました。これからはpixivへのリンクを探して、pixivのフォローボタンを押しましょう。そして快適なエロゲタイムラインを実現しましょう。エロゲタイムラインを実現して幸せになれるかはさておき。

 

Q.絵師のTwitterのプロフィールページに、pixivアカウントへのリンクがありません。
A.ググって出てこなければ諦めてフォローを解除して、その絵師のことは忘れましょう。

Q.pixivだけでは「Twitterにだけ投稿する絵」を取りこぼしてしまいませんか?
A.「pixivにあるものが世界の全て」でいいじゃないですか。現状でも世界のどこかにいる知らない神絵師の絵は取りこぼしてますし。

Q.pixivはどのくらいのペースで見ればいい?
A.美少女イラストを見たくなったときにアクセスすればいいんじゃないですか。

Q.pixivのトップページって見づらくない?
A.フォロー新着作品ページをブックマークすると幸せになれると思います。