作者さんに送る感想コメントの書き方講座

「pixivやTwitter、ブログなどで作者さんに感想コメントを送りたい」ということがあると思います。この作品めっちゃ好き。この作品を作ってくれてありがとうという気持ちを伝えたい。けど何を書いたらいいかわからない。そんなあなたのための感想コメントの書き方講座です。

10文字程度で褒めておけば正解

これが基本です。これさえ覚えておけばもう大丈夫です。

  • なるほど、参考になりました。(14文字)
  • 3ページの○○の表情好き(12文字)
  • 最高すぎてやばい!(9文字)
  • 笑いすぎて苦しい(8文字)
  • 笑顔尊い…(5文字)

10文字前後ってこのくらいです。10文字前後では余計なことは書けません。褒めるだけで終わります。また気持ち悪くなるほど褒めることもできません。だから「10文字程度で褒めておけば正解」なんです。

10文字前後なので作者さんの反応がよくなくても、反応がなくてもダメージはありませんよね。それでいいんです。作者さんの反応は運ゲーなので、結果次第で致命傷を負うようではやっていけません。

でもちょっと気になりますよね。たった10文字程度でいいのかとかこんなので作者は喜ぶのかとか。解説していきます。

たった10文字程度でいいの?

まずあなたは「感想コメントの書き方がわからないほど、文章力がない」です。そんなあなたが無理して長文コメントを書くとどうなるかって、余計なことを書いて気持ち悪いコメントになったり、作者さんに不快な思いをさせたり、ろくでもないことになります。文章力がなくても気持ち悪くならずに済むのが10文字程度です。

こんな短文コメントで作者は喜ぶの?

作者さんは感想コメントの文字数が10でも200でも、嬉しさは大して変わりません。「人1人が自分の作品を好意的に受け止めてくれた」という点は変わらないので。

さらに短文コメントなら雑に扱っても許される感があり、受け取った作者さんも気が楽です。雑に返信していいし返信しなくても問題ないけど好意的に受け止めてくれた人がいることはわかる。素敵じゃないですか。

長文コメントだと雑に扱いづらくなります。それで気の弱い作者さんは頑張って返信してしまうでしょう。そして「作品を投稿すると、頑張って返信する作業が発生する」という状況になって、作品投稿が面倒になって心が折れてしまいます。誰も幸せになりませんね。

このためむしろ短文コメントにしてください。

褒められても嬉しく思わない作者さんもいるのでは?

いると思いますが、褒められて悲しむほどの変人はそういません。そして相手の性格なんていちいち気にしてやる義理もありません。作品を褒められて悲しんだり怒ったりはどう考えても相手が悪く、あなたが気に病まなくていいです。

9割以上は褒められれば喜ぶか、何とも思わないかなので気にせず褒めていきましょう。

まとめ

難しく考えちゃ駄目です。「感想コメントは10文字程度で褒めておけば正解」―この基本さえ押さえておけば大丈夫なので、軽い気持ちでやっていきましょう。