エロゲのドラマCDはエロゲオタクの耳を過信しているからダメ

エロゲは字幕が付いている、耳の弱いオタクへの福利厚生が充実したゲームです。そんなエロゲオタクにドラマCDをぶつけたらどうなるかって…。

エロゲオタクは声を聞き取ることが苦手です。というか苦手でも続けられるのがエロゲという趣味です。常にセリフに字幕が付き、何ならボイスをオフにしても楽しめてバックログもあります。エロゲはこうして耳の弱いオタクを受け入れてきたわけですが、そこでドラマCDという不思議な特典が出てきます。ドラマCDには字幕もバックログもありません。耳の弱いオタクにとってドラマCDは苦行です。

ドラマCDが付いてきても聞かなきゃいいじゃん、という問題ではありません。耳の弱いオタク本人は耳が弱い自覚なんてないので。本編でとてもかわいかったヒロインとの追加ドラマを味わえるんですから、るんるん気分で飛びついてしまいます。そして滅茶苦茶頑張って聞いてしまいます。まぁ疲れますね。多分メーカーが考えている以上にエロゲオタクはドラマCDで消耗しています。

 

ドラマCDがエロゲオタクに適さないのに、同人エロ音声作品は大人気です。DLsiteの総合ランキングを見に行ったら100位中34作品ランクインしてました。不思議ですね。

ドラマCDは追加ドラマ、シナリオを理解して楽しむものです。本編で活躍したヒロインたちのその後や日常を聞いて想像して楽しむ。なので声を言葉として理解する必要があります。エロゲから文字、映像を取り除いただけ。

一方で同人エロ音声作品はそんなに難しくありません。抜きゲーのように、プレイヤーに「エロい」「ぞわぞわする」と感じてもらうことに特化しています。音を聞いて感じるだけで利用できる作品なんです。声を言葉として理解する必要はありません。そのため耳が弱いことは全く問題にならず、多くのオタクに受けている―ということなんだと思います。

 

エロゲのドラマCDは耳の弱いオタクに適さない。それなら同人エロ音声作品みたいにシナリオのないエロ音声にしてしまえばいいのでは、というのも考え物です。というのもドラマCDを付ける作品ってキャラゲーシナリオゲーなんですよね。エロを売りにしておらず、プレイヤーもあまりエロを求めていません。そんなプレイヤーにエロ音声をぶつけても効くかどうか。

「エロ音声作品って興味はあるけど買うほどじゃ…」な人に買う必要のない特典としてエロ音声作品を体験させてエロ音声の魅力を知ってもらう、というのはできるかもですが、エロ音声の魅力を知ってもらってもエロゲメーカーに何の旨味があるというのか。

それならヒロインたちがはしゃいでいるだけのシナリオのない楽しいドラマCDなら…そんなことが可能かどうかわかりませんけど。

 

  • エロゲオタクは耳が弱く、頑張らないとドラマCDを楽しめない
  • 同人エロ音声作品は耳が弱いエロゲオタクでも頑張らずに利用できる
  • 同人エロ音声作品みたいなドラマCDは作れるかどうか…
  • エロゲの特典のドラマCDって微妙

エロゲのドラマCDって楽しめてますか。私は声を理解できずダメでした。それで巻き戻して繰り返してやっと「あぁ、そう言ってたんだ」となった頃には既に冷めていて…。

まぁ同人エロ音声作品も聞いたことないんですけど。